ラリマー 歴史 鉱物

ラリマーの歴史や鉱物データの特徴

ラリマーの歴史

ラリマーがノーマン・ライリングによって、ドミニカ南部のパオル村の鉱山から発見されたのは1974年のことです。

 

当時、世間は環境保護の問題が取り上げられていた時期で、ラリマーは自然感情保護の象徴的な石とされていたようです。

 

ラリマーはその後、アメリカの宝石商により1985年に「カリブ海の宝石」として販売され、
人気があったといわれています。

 

さて、みなさんは幻の大陸アトランティスをご存知でしょうか?

 

実は、ラリマーにはアトランティスにまつわる伝説があります。

 

古(いにしえ)の時代、現代文明を凌ぐ文明国家、アトランティス大陸が存在したといわれていました。

 

この伝説の大陸では、徳が高く、聡明で知的なアトランティス人が高度な文明とともに存在していたとされていますが、1万2000年ほど前、大地震と大洪水が大陸を襲い、たった一晩のうちに跡形もなく海に沈んでしまったと言い伝えられています。

 

カリブ海の島々では、ラリマーはこの海に沈んだ幻の大陸アトランティスの一部であったという説があります。

 

ラリマーを「アトランティス・ストーン」と呼んでいる人もおり、確かに圧倒的な石のエネルギーがあり、魂に働きかけてくる石なので、その可能性はあります。

 

ラリマーがドミニカ共和国でしか産出されないのも、もしかしたらアトランティスがこの地にあったからかもしれません。

 

鉱物としてのラリマー

 

科学組成式: NaCa2(Si3O8OH)
鉱物名:ぺクトライト(曹珪灰石)
色:無色・白色・灰色・青色・ピンク色 淡黄色
条痕色:白色
硬度:4.5〜5
産地:ドミニカ共和国

ジュエリー全品、無料ギフトラッピング中
ストーンフリーAmazon店
  • 鑑別書あり
  • 最高級品質の天然石一点もの
  • 玉サイズ:約9.5mm
  • 玉数:20玉
  • 内周:約16.4cm
  • 付属品:アクセサリーケース
  • ギフトにも最適

  • 鑑別書あり
  • 最高級品質の天然石一点もの
  • 玉サイズ:約8mm
  • 玉数:22玉
  • 内周:約16.4cm
  • 付属品:アクセサリーケース