ラリマー 浄化 選び方

ラリマーの選び方、浄化方法など

ラリマーの選び方

ラリマーは透明感があり、色の美しいものが良質とされています。

 

色の美しさのポイントは、やさしい色のブルーがどう入っているかです。

 

ブルーが濃い部分には茶色い不純物が入りやすいので、なるべく茶色い不純物が少ないものを選びましょう。

 

茶色い不純物が入り込むと、ブルーの色がくすみ、少し緑がかって見えることもあります。

 

黄色や茶色い不純物が少ないと、ブルーがとても鮮やかで、はっきりと明るい色彩を放ちます。

 

また、ラリマーには独特の模様がありますが、この模様が色合い美しく入っているタイプの石は価値が高くなります。

 

ラリマーは宝石名で、鉱物名はぺクトライトといい、さまざまなカラーバリエーションがあります。その中で鮮やかなブルーをした石だけがラリマーと呼ばれています。

 

現在ラリマーは、ドミニカ共和国1箇所でしか産出されないため、産出量がたいへん少なくなっています。

 

そのため、白のペクトライトに着色処理を施してラリマーとして販売されていることもあるそうなので、購入する際は気を付けましょう。

 

また、石が柔らかいため、樹脂を染み込ませて固める加工を施した、含侵処理を施しているものも存在します。

 

やわらかい石なので、クラック(表面にあるヒビや傷)などがないものを選びましょう。

 

ラリマーの浄化方法

 

ラリマーの浄化ですが、紫外線にやや弱いので、太陽光での浄化は避けてください。月光やクラスター、セージでの浄化がおすすめです。

ジュエリー全品、無料ギフトラッピング中
ストーンフリーAmazon店
  • 鑑別書あり
  • 最高級品質の天然石一点もの
  • 玉サイズ:約9.5mm
  • 玉数:20玉
  • 内周:約16.4cm
  • 付属品:アクセサリーケース
  • ギフトにも最適

  • 鑑別書あり
  • 最高級品質の天然石一点もの
  • 玉サイズ:約8mm
  • 玉数:22玉
  • 内周:約16.4cm
  • 付属品:アクセサリーケース